news ch

技術の進化とともに,ここ数年視覚映像は公共工程、スマートホーム、車載、医療、品質及び工業自動化などの領域に多数応用し始めました。人間が視覚関連製品の依頼程度を大幅に成長したことにより、視覚映像産業の急速成長にも影響しました。総合的にみると視覚映像産業は現在の重要産業ともいえますでしょう。

Hi Sharpは長年視覚映像製品に努力し続け,最初のモニターとアナログ設備から,ここ数年のデジタル製品、車載製品、工業用製品などを含め,Hi Sharpは設計開発、生産、販売の能力に応じて全般備蓄しております。現在新旧製品交代の重要時期においても,Hi Sharpはもっと各種類の視覚映像の新商品開発に力を入れ,核心技術を基づき映像視覚認知、車載データ応用以外,IOTIOCの統合応用もHi-Sharpの開発ポイントとなります。

Hi Sharpはマーケット存在価値を維持しながら,Hi Sharpと合作しているお客様にマーケットをリードして品質優良の製品を提供するように期待しております。

 

映像製品は30年勤めている経験を生かして,Hi Sharpは責任と使命を背負って,誠真、誠実の精神を持って,Hi Sharpの次の30年を目指して、引き続き視覚映像産業に尽力したいと思います。